20代のニキビ化粧水について


20代を過ぎてからできるニキビを大人ニキビと言います。これは思春期にできるニキビと原因が違います。肌の水分量は20代を過ぎると低下していきます。それによって肌の乾燥が起こり、肌バリアが低下して外部刺激を受けやすくなります。また乾燥は角質層を厚くするので、それによって毛穴が狭まり皮脂などの老廃物が排出しにくくなります。そしてそこにアクネ菌が繁殖してニキビとなるのです。また、学業や仕事、恋愛など過剰なストレスがかかることによって肌のターンオーバーが乱れ肌の再生化が正常に機能しないことも原因となります。
このようなことが原因の大人ニキビ対策は日々の肌ケアがとても大切になります。洗顔は良く泡立てた石鹸でこすらずに、その泡によごれを吸着させるように優しく洗い、そのあとの保湿が重要です。20代のニキビ化粧水としては、低刺激で肌に優しい古都、保湿力が高いこと、浸透力が高いこと、ニキビへの有効成分がしっかりと配合されていること、ニキビ専用の化粧水であることが条件になります。これらを満たした化粧水は多く展開されています。肌のバリア機能をアップさせ、ニキビの原因を断つ成分配合、乾燥から肌を守る成分など、独自の研究の集大成を込めたニキビ化粧水が多数あります。
それぞれの特徴を比べて自分の肌に最適な化粧水を選ぶことが大切です。そして、それでのケアを習慣化し、日々の積み重ねが必ずニキビ改善、予防へとつながるのです。